株式会社 布目 価値ある北の幸を、海の資源大国「函館」から。
株式会社 布目 (ぬのめ)
イチオシ商品
商品ラインナップ
ギフト商品
工場紹介
イカの塩辛ができるまで
社長挨拶
会社概要
工場見学
お問い合わせ
布目のオンラインショップ
商品の主原料の産地を公開しています。
ブログ 三姉妹日記

布目の社長のいか塩辛ができるまで

当社社長が得意先回りの際、手土産にしていた塩辛があまりに好評だったため、社員が渾身の力を振るって商品化させました。

  • 1.解凍

    解凍

    原料となる冷凍イカは、解凍し過ぎを防ぐためコンピュータ制御の「低温蒸気解凍庫」で解凍します。

  • 2.選別、殺菌

    選別、殺菌

    解凍後、鮮度が落ちないよう手早く選別。中骨や異物を取り除きます。選別後は安全性を考え、酸性水と呼ばれる水で殺菌します。

  • 3.塩漬け、水切り

    塩漬け、水切り

    十分に水切りしたら塩漬けにします。塩漬け後、イカから出た水分を取り除くた約30分〜1時間かけて水切りします。

  • 4.選別、金属探知検査

    選別、金属探知検査

    作業員が1枚、1枚イカに異物が残っていないか確認。さらに機械による金属探知検査を行います。

  • 5.裁断

    裁断

    検査が通ったイカは、1枚ずつていねいに並べ裁断機でカットします。裁断後、ポンプで吸い上げる機械で計量していきます。

  • 6.味付け、熟成

    味付け、熟成

    味付けは「イカゴロ」「調味料」を使用。特殊な羽がついた攪拌機でイカと調味料を均一に混ぜ、4日間かけて熟成させます。

  • 7.充填、検品、箱詰め

    充填、検品、箱詰め

    熟成後、自動包装機でパック詰めし、商品に真空漏れがないか、ロット番号の印字がきちんと見えるか検品します。決められた数量を箱詰めし、皆さまのもとへお届けします。

  • 製品(社長のいか塩辛)

    製品(社長のいか塩辛)

    1日の製造量が2t。年間100万個以上を売り上げるヒット商品。北海道近海で水揚げされたスルメいかを味付けした当社イチオシの塩辛です。



イカってヘルシー!

 スルメイカの肉は、牛肉や豚肉と比べてはもちろんのこと、ほかの魚に比べても脂質は非常に少なく、低カロリーなのでダイエットには最適な食品といえます。
 また、タンパク質も良質で高い栄養価をもっており、ほかの魚と比べても遜色ありません。
 さらにイカのタンパク質の消化吸収率は98%で、牛肉や豚肉の90%よりも高く、魚の99%と同じくらいです。
※スルメイカの肉の成分(100gあたり)
エネルギー量
76cal
水分
81.8g
タンパク質
15.6g
脂質
1.0g
灰分
1.5g
タウリン
425mg
コレステロール
300mg
タウリンのすばらしい効用
 イカにはタウリンというアミノ酸が大量に含まれ、このタウリンに血中コレステロールを下げる働きがあることがわかりました。
 (1) 血圧を正常に保ち、高血圧を予防します
 (2) 血中コレステロールを減らし、動脈硬化を抑制します
 (3) 血中の中性脂肪を減らし、動脈硬化を予防します
 (4) 視力の衰えを防ぎます
 (5) インシュリンの分泌を促し、血糖の上昇を抑え、糖尿病を予防します
 (6) 新生児の脳の発達や視力をよくする働きがあります
最近注目されてきたアデノシン
 愛媛大学医学部の奥田拓道教授は、アデノシンという成分には末梢神経を拡げ、血液の流れをよくする働きがあると発表しています。
 イカにはAMPといわれるアデノシン・1・リン酸が含まれていますが、このAMPは腸内の酵素の作用によって、リン酸が離れてアデノシンになり、腸から吸収されます。それでイカを食べると体のすみずみまで血液の流れがよくなり、健康に保つためにもよいとのことです。
Copyright (C) 2007 NUNOME Co., Ltd. All Rights Reserved